🎪 NEXT STAGE 🎪


【予告】
 2019年8月
「熊谷有芳の全力演劇夏祭り(仮)」

 **8月にたくさん演劇します**
 詳細は追って!

2017年07月24日

くまゆか日誌 7/20(木)公開稽古A

真剣にブルーライト用眼鏡がほしい。

ども、熊谷です。

夜更かしはしないならしないにこしたことないですね。
出来るけど、体が変になりますわ。

公開稽古Aからのお仕事してそのまま徹夜で創作日誌の更新作業。
相変わらず完璧な状態でアップロードが出来ず、
指摘されたり助けてもらったりしてます。
ありがた申し訳ない。

でも今回はてんこ盛りで読み応えある日誌が書けたので、
ちょっと満足しています。

創作日誌はこちらから7/20(木) 公開稽古A

今回の『その企画、共謀につき』、
最初はなんじゃそらと思ったし今も全然安心してないんだけど、
すごく面白い企画だな〜と割と楽しんでいます。
実際、稽古場に来てくださる共謀者の方もとても楽しんでくれていて、
勿論みなさんアガリスクのことをすごく好きだからこそ楽しめるのもあると思いますが、
そういう要素抜きでも面白い時間を作れてる気がしています。
共謀者のみなさんには心から感謝です。
まだまだ続きますから、よろしくお願いしますね。

しかしわたしには今とても懸念していることがあって、
それは「この面白さはここにいる人達としか共有出来てないんじゃないか?」ということです。
懸念ていうかほぼ確実にそうだと思います。
いや、それは仕方ないことなんだ。
それは稽古場にその足で来てもらってそこでしか味わえないものだから。

だけど今回はこの稽古場の様子をいかに発信するか、
少しでも面白さを伝えることができるかってところが重要だと思っています。
なので創作日誌を読んで「面白いな」と思ってもらいたいし、
面白いと思ってもらえたらその人達も共謀者とし巻き込んでしまわないと、
この共謀の輪は広がらないなあと思うのです。
ごくごく小さな世界の企画になってしまう。

もちろん皆さんの力を借りなきゃどうしようもないです、拡散も口コミも。
でもそのためには、面白いと思わせる情報をわたしたちが発信していかないとダメなんですよね。

上手くいくかどうかはわからないけど、
ブログもツイッターもFacebookもフル稼働で頑張っていきたいと思います。
基本的にコピペしないで書いてます(しかも毎回長文…笑)
がんばるぅ〜!

さ、そんなわけで昨日の公開稽古Aについてお伝えしますよ!

公表してた予定では、この日までに演目を決めて、会議でタイトルを決める予定ですだったんですが…

​ごめんなさいタイトル先に決めちゃいました。

演目を決めたら、これしかないだろってタイトルとあらすじがスルスルと出来上がってしまった(冨坂談)のです。
なので会議ではいきなりの演目兼タイトル発表となりました!

決定した演目は、

B『パズルとか伏線とか(仮)』改め…


​アガリスクエンターテイメント第24回公演
〜その企画、共謀につき〜
『そして怒濤の伏線回収』

F112C854-A9BB-46D5-8F6E-A70FDF5A571B.jpg

と、なりました!!



E94EC82C-007A-4BE9-946B-A8369E7FBEEF.jpg
どーんとタイトルの書かれたレジュメを手に笑顔の冨坂氏。
公開稽古の日はやっぱりなんか浮ついてる(笑)
あと伊藤さんは鼻をほじってるわけじゃないと思うの。
だからこの写真使うね。

ちなみに我々は先に演目を聞いていたんですが、
ほぼ全員が「まあBパズル伏線になるだろうな」と思っていました。
淺越くんだけは、A『信玄が死んだ(仮)』を熱望していて未練があったようですが(笑)
わたしも信玄やりたかったけど、まあ無いだろうな〜って思ってたし、
次第にBも面白そうだなと思い始めたので。

んで、作品概要については公式サイトを見ていただくとして!

WEBでの企画が始まるのでいっちょお知らせですよん〜〜

@Dropbox公開します
何言ってんだって?
説明しましょう。
Dropboxてのは公演のためのデータを貯めておく、WEB上の共有ボックスですね。
アガリスクは普段からスタッフさんとのやり取りでこれを使用してるんですが、
今回の公演用に特別に誰でも見れるように公開します!
普段ならマル秘情報になるものを、まさかの大公開。
製作中のあんなモノこんなモノ見れるかもよ?
閲覧はこちら↓


A台本執筆をリアルタイム公開します
​まーた何言ってんだって思いますでしょ?
こちらはGoogleドキュメントというWEB上のWordのようなものを使って、
インターネットから冨坂の執筆をリアルタイムに公開しようってものです。
期間は7/31〜8/31の1ヶ月。
その名も『冨坂執筆中』。
閲覧はこちら↓


B台本執筆を実況中継
​もう、ほんと何を言ってるんですかね?
これは先述の『冨坂執筆中』を別の場所で見守るアガリスクメンバーが、インターネットで生配信します、ってな企画です。
ツイキャスとかユーストリーム(ってもう無くなったんですね、吃驚)みたいな感じですね。
担当の日時も決まってるのであらかじめチェックしてくださいね!
わたしは8月6日にやります〜。
ゆるりとやりたいなと思ってます。
ツイッターのライブ機能を使ってやるので、
アガリスクのツイッターアカウント @Agarisk_info をぜひフォローしてくださいね!

とまあ、こんなことをやりますよというお知らせをして、
会議は休憩のあと作品の中身の話へ。

8FF2035E-0D5A-4D5C-8D67-7344426D3C30.jpg

商店街の集まりの会議の議題を何にするかっていう、前半の会議コメディ部分の大事なテーマ。


4E599B00-7678-4138-B231-E8EE5ABC92D9.jpg
ここで冨坂が前半の会議コメディを「善良なコメディ」と呼んだことに参加者から漏れ出る笑い声。
悪意はないんですよ、わたし達も、共謀の皆さんも!
そして今回の話の主要テーマとなる後半は、「真実」(笑)
なんじゃそれって感じですけど、そういうことです。
上演時にどのようになるか楽しみですわ。

登場する役は大きく分けて3つ。
商店街の人(地元)、
議題となる案件を持ってくる外の人(都会)、
大学かなんかの研究機関の人(第三者)。
研究機関てのが気になりますね。
冨坂さんは大学時代、国際地域学部なるところにいたそうで、
商店街の勉強とかしたらしいっすよ。
この立場があるのは面白そう。

ところで、この日の会議では最高に痺れる事件が起きました。
突如部屋に鳴り響く着信メロディ。
「あっ…」と思う間も無く、鳴らしてしまった本人が「うそうそうそ!!!」と慌ててスマホを握りしめる。
それに対する「ほんとほんとほんと!!!」というツッコミと爆笑の嵐。
ちょうど皆さん会議に集中しているところだったから、全員不意打ちだったし、
さらに「うそうそうそ!!!」はもっと不意に聞こえてきたから、
おもしろすぎて大爆笑してしまいました。
ケータイ鳴らしてしまった人選手権優勝でしょ。
あんな面白いことされたら自信なくすわってぐらい面白かった。
これ絶対に本編に盛り込みたいよ〜
演じるのは伊藤さんだろうな、きっと。
などと一人で妄想。


08A11BAF-6A84-4710-9F4C-B3C948FD8DBA.jpg
で、会議のほうはと言うと、
共謀者の方も含めて全員から意見を募ってみたり。
これはさすが皆さん社会人だからなのか、
面白いアイディア(ノンフィクション含む)がたくさん出てきました!
中でも場が湧いたのが「町おこしをやめる」というテーマ(実話)。
何とも消極的な決定を強いられるんだなと思わず笑ってしまいました。
町おこしも、色々な事情で中止することがあるんですね。

冨坂さん的に気に入ったのは、アーケードと町おこしやめるの二つ。
でも「商店街が潰れるぐらい切実なほうがいいんだよなあ」とも。
わたしは町おこしやめるやつが好きだけど、
確かに切実なほうが善良なコメディとしてはマッチするかな〜という気も。
その分伏線回収のし甲斐もありそうだし。

…と、盛り上がってる時には既にタイムオーバー。
時間が守れず反省。
だし、本当はこの議題ぐらいは決めちゃいたくて、
もっと先の登場人物の案なんかも話してみたかったな〜。

次回の公開稽古からは会議ではなくなるので、
どの程度ディスカッションが出来るか。
そして稽古をスムーズに進行できるか、頑張りどころです。

いや〜今回も長々と書いた。
こんなん本当に毎回続けられるのかな?
今後は短くなっていく可能性大!です!
まとまりある文章を目指すぞ。

すこしお知らせ。
大貧民割引という素敵な割引制度の購入期限が7月31日に迫っています!
作品も決まったし、是非早めに予定を立てて、
お得に観劇しちゃいましょう!
事前精算の方のみ対象なので、カンフェティから買ってくださいませ。

また、公開稽古に参加できる共謀券と無限共謀者は8月31日まで買えます。
無限共謀券はフリーパスにもなってるので、ぶっちゃけ公開稽古へ参加できなくてもベラボーにお得です。
残り枚数少ないので急いでくださいね!
フリーパスはいらんけど公開稽古と試演会行きたいし台本も欲しいって方は、普通の共謀券をお求めください!

アガリスクエンターテイメント 第24回公演
〜その企画、共謀につき〜
『そして怒濤の伏線回収』
9月15日(金)〜9月24日(日)
新宿シアター・ミラクル
□特設サイト□


ほいじゃ、サヨナラ〜!


posted by 熊谷有芳 at 00:06| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

現実逃避がしたいのか?

このブログも、ずっとお知らせばっかり続いてしまってるな。
とは言え、何か楽しげなプライベートがそんなにあるわけでもなく。
北海道の日記の後編も書きたいと思ってもう一月半が経ってしまいました。

いやあ、元気に暮らしてはいるんですけどね。
結局稽古してる日が一番楽しいんですよね。
海にでも行きてえなあ。
でもアレか、東京湾は赤潮で臭いのかな。
まだ臭いのかな。
そもそも東京湾には泳ぎにいかねぇか。
あとヒアリも怖いですよね。
しかし海行きてえなあ。
でも今年も無理な気がするよ。
ああーん夏を満喫したい。

最近スマホってかツイッター依存症気味になってきていて、
半分SNS上で生きてるような感覚なんですよね。
こんなものほっぽり出して北海道へラベンダー畑でも見に行きたいと思うのですが、
ほっぽり出せないのはこれも仕事と思ってるからなんだろうな。
ちなみになんでラベンダー半分かというと、癒される場所と言えばお花畑、
そして癒される香りといえばラベンダー、
さらに現実逃避と言えば遠いところ、
だから北海道のラベンダー畑はわたしの妄想現実逃避スポットです。
もちろん行ったことない。
あとなんか遠くをよく見ていたら目が良くなりそうだから広いところがいい。

あと、南国へ行ってマッサージとかいいですね。
南国行ったら泳ぐ一択だろって脳みそなので、
そこで敢えてマッサージを選択するというこの贅沢はすごいですね。
いつかマジでやりたいな。
南国でマッサージ。
よく旅行誌とかには載ってるじゃないですか。
バリとかハワイとかのマッサージ。
もちろん海は絶対行くけどね。

そしてその旅行の様子はツイッターに載せない。
てかスマホ触らない旅行にしたい。
でも触っちゃうんだろうなあ、便利だもんなあ…
むう。

C87F9B0C-10EC-49B6-B6EE-285F311B1A3F.jpg
ハワイはもう20年以上前に行ったっきりなので、
ここでNewYorkの写真でもどうぞ。
これも5年前か。
名所中の名所、Rockefeller Center.
ニューヨークは現実逃避ってか里帰り的な気分だったけど、
でもあれも本当は自分の意思の外側に現実逃避が存在してたのかもな。
まあでもいい時間でしたので、よかったのですよ。
また行きたいなあ。

さて、もう夜も遅いので寝ましょうねぇ。
心なしか今夜は涼しい。
よく眠れそうだ。


posted by 熊谷有芳 at 02:45| Comment(0) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

くまゆか日誌 7/11 〜少し遅くなりました〜

こんばんは。
熊谷です。

『その企画、共謀につき』公開稽古@on7/4の稽古場レポート後半がアップされました!
今回も圧巻の読み応え。
会議に参加していた身としては読んでいるとあの時間が思い出されてすごくワクワクするのですが、
出席してない人からするとどんな印象かしら。
そこらへんのご意見も聞けたら嬉しいななどと思いけり。

ライター中村さんによる稽古場レポート




さて、7月11日は『その企画、共謀につき』通常稽古でした。
稽古ってか相変わらず会議。

89A5C582-9212-4BDA-9E94-8178D2BC8E5D.jpg
奥で冨坂さんが天を仰いでいますが決して寝てるのではなく、思考中はこういう風になっちゃうだけなのです。
七人/太字の大阪公演の時にとんでもない寝相を激写したので、
マジの寝姿を見たい方は熊谷までコッソリどうぞ。

さて、稽古から5日も経ってしまい早くもこの日誌サボってんじゃねえか疑惑がありますが、
いやなんかね、この日の稽古は書くのが難しかったんですよ!!
それで途中まで書いて、書き足して消して、
っていうなんかもやもやした数日間を過ごしました!
そこまでして書かなきゃいけないものでもないから何を自分で自分のクビ絞めてっだオラは、と思いました。。
でもやっぱり書かなきゃと思ったので内容薄くてもいいから書きます!


さてそんなわけで書きます。

11日の会議ではB『パズルとか伏線とか(仮)』について掘り進める作業をば。
会議は難航を極める…
かと思いましたが(それなりに難航しましたが)最後の最後にあれよあれよと設計図が出来ました。

この日の話し合いはまるで落書きのような感じでした。
授業中にシャカシャカ絵を描いては未完成のまま次の絵を描いて、ノートにちっさい落書きが散在してるあの感じ。
なかなかゴールの見える絵がない。
広げた風呂敷がデカすぎて全体像が見えない的な。

それでも冨坂さんを中心に、淺越くんやつわがよく発言をして話し合いはぐねぐねと曲がりくねりながら進みました。
具体的な話から抽象的なイメージの話まで色々話題になりました。

途中、なんの話だったかな。
あ、ミステリーにおいて天才的すぎる探偵がいるとどうのこうのという話だ(曖昧でごめんね)
たとえば名探偵コナンで、コナンくんの推理は絶対的で、誰もそれを疑わない、
みたいな話。
ミステリーにおける名探偵の神格化問題。
すなわち名探偵コナンにおいてコナンくんは神格化されてるんですが、
作中ではコナンくんが小五郎おじさんを神格化させているねという指摘があって、
「おお!」となりました。
何が「おお!」なのか分かりませんがなんかすごい発見だなと思いました。
ていうか青山剛昌ってやっぱすごいよね。

ほかには、「キサラギ」とかソリッドシチュエーションとかなんかもう、
ありったけの風呂敷ドバーッて話が続いて、
「・・・で?」
ってなる。

でも、何かを解体する作品っていう姿勢だけは崩してない。
やっぱり、我々が扱うなら自作『ナイゲン』なんじゃないの?って話に。
そこで冨坂さんが構想中の国府台高校シリーズについて話す。
ナイゲンと言えば会議劇。
文化祭の出し物、今年は一クラスだけ出来なくなる…さてどこを落とす?っていう高校生による泥仕合。
最後の最後に大伏線回収タイムがあるんですが、このパートは大変楽しいシーンなんですね。
お客さんの反応も非常によいところです。
芝居の中で最も加速し、直後にすぐ全員で決をとるシリアスなシーンに急転直下する富士急ハイランドの乗り物みたいなシーンです。
こればっかやってやろーぜ!っていうプランが出ました。

通常、こういう伏線回収ってナイゲンのように芝居の後半で描かれることが多いと思います。
だけど、私たちが提案したのは「(たとえば)最初の10分で伏線張って、残りの90分ずっと伏線回収」という伏線回収スパイラルな構成。
伏線を回収してること自体がまた新たな伏線となり、
次の伏線回収へ繋がり、
その伏線回収がまた伏線となる。
「伏線回収ジャンキー」なんてワードが生まれました。

伏線回収って、なんか気持ちいいじゃないですか。
面白いかどうかってのはまた別の話なんですけど。
「伏線回収はドラッグだ!」ってことで、
観てるほうには次々と伏線回収が投与されるし
役者は役者で目的も忘れて伏線回収の虜になっていくというわけです。
言葉を選ばずに書けば、ちょーバカみたいな作品になるんだと思います。
でも、作るのすげー大変だと思う。
っていう、なかなかにアガリスクらしい作品になりそうな基盤は出来上がりました。

ほんで、肝心のお話の舞台は何にしようかということでまた色々話はめぐるんですが(割愛)、
商店街の話がいいねってことに。
寂れた商店街とか、商店街の潰れそうな店とか、
何かしら商店街を復興する目的の会議。
次から次へと張られる伏線、回収される伏線。
会議は、まだまだ終わらない。
みたいなあらすじじゃないですか?
知らないけど(笑)

そんな感じでこの日はジャストタイムで稽古(会議)が終了。
いよいよ20日の公開会議で共謀者の方へ、
そして我々へも発表される演目。
A『信玄が死んだ(仮)』とB『パズルとか伏線とか(仮)』改め『伏線回収ジャンキー(とでも呼んでおこう)』、
どっちになるのかなあ。
楽しみですねぇ。

これを書いている7月16日、冨坂さんの中ではもう決まっています!
わお!

わたしの中では信玄が優勢ですが、
伏線もなんかいけそうな気がしてきた。

皆さんはどうですか?


さて、公開稽古Aが7/20に迫っており、

公開会議に参加できる共謀券・無限共謀券はまだ発売中。
まだまだ全然遅くありません!
ていうか、これからですよ感すらあります!
ウェイウェイ!


そしてなにげに大貧民割引の締め切りは7月の末!

もろもろは公式サイトを見てくださいませ。

アガリスクエンターテイメント
『その企画、共謀につき』
9/15〜9/24
新宿シアター・ミラクル

チケット予約フォーム(熊谷有芳扱い)

それではさよーなりー
(結局そこそこちゃんと書いたなぁ)







posted by 熊谷有芳 at 18:47| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする